長谷川亨歯科クリニックで ハッピーな歯科衛生士ライフを

当院の歯科衛生士のためのクリニック紹介ページをお読みいただき ありがとうございます。

歯科衛生士として 職場さがしをされている 皆様へ

長谷川亨歯科クリニックからのメッセージです

 

 


予防歯科の主役はあなたです
給与等は応募要項のページをご覧下さい
 歯科衛生士さんからのコメント
 

 

まずはじめに、当院に現在勤務されている歯科衛生士さんの声からお聞き下さい

 

歯科衛生士 H.S さん (名古屋市歯科衛生士専門学校卒) 
勤務歴14 年  現在在職中

専門学校卒業と共に、長谷川歯科に勤務しました。

当時診療所は、患者さんの数も少なくチェアーも3台でしたが、先輩の衛生士さんに、ひとつひとつ教わりながら、キャリアを積んできました。

名古屋 歯科衛生士 募集   セミナーや研修会も楽しい思い出です

結婚、その後出産と共に退職し、第1子出産後、子供が4歳になり、保育園で預かってもらえるようになり、パートタイムで勤務復帰しました。
復帰に際してはブランクもあった為不安もあり、子供の体調により欠勤し迷惑をかけることもありますが、院長はじめスタッフの皆さんのサポートの元、責任を持ち以前にも増して楽しく勤務させて頂いています。
子供を授かったことで、今までは分らなかったお母さん方のお子様へのブラッシングの大変さも実感し、日々のブラッシング指導に活かしていきたいと思っています。

現在 第2子の出産を控え、再度休職予定ですが、また時期を見て再復帰したいと
考えています。

 

歯科衛生士 R.N  さん   (名古屋デンタル学院 卒)
勤務歴7年  現在在職中

学生時代より、先輩の薦めでアルバイト、学校卒業と共に正勤務となりました。

当時3人の衛生士さんに教えていただきながら2年勤務し、仕事も慣れてきたところでしたが、一念発起し、一時退職しシンガポールへ留学。その後もアメリカ(カリフォルニア)留学を経て、長谷川歯科に再就職しました。

再就職させていただいた時、院長はじめスタッフの皆さんが、あたたかく「おかえりなさい」と迎えてくれました。この一言がとても嬉しく心に残っています。
名古屋 歯科衛生士 求人

長谷川歯科の良さは、院長先生がスタッフの意見を尊重して下さるところと、勤務の自由度が高いところです。何よりスタッフ同士仲が良いところです。

現在は臨床歯周病学会認定歯科衛生士を目指し日々勤めています。

 

 

歯科衛生士 S.U さん  (名古屋デンタル学院 卒) 
勤務歴 9年  現在在職中

学生時代からアルバイトで勤務していました。


歯科医院の雰囲気がとても良く、丁寧に指導下さる先輩スタッフばかりでとても働きやすかった事と、いろいろな症例を取り扱っているため、たくさんのことを学べたので、この歯科医院で働きたいと思い就職を決めました。

院内での衛生士教育がしっかりしていて、(スキルアップ等もふくめて)、学生時代からの夢だった学会の認定歯科衛生士を6年目に取得しました。院長先生には、勉強の機会を設けていただくことが多く、またマスコミや企業から衛生士業務についての取材依頼を受けたり、いろいろな貴重な経験を通して、自信をもてるようになりました。

名古屋 歯科衛生士 募集

現在は、取得したライセンスを生かし、オーラル関連企業の予防歯科プロジェクトにも参加しています。

これからも、日々多くの患者様のお役に立てるよう、積極的に活動していきたいと思います。

 歯周病認定歯科衛生士

 

 

 

はじめまして、長谷川亨歯科クリニックの院長 長谷川です。


当院では、今 一緒に働いていただける 歯科衛生士さんを募集しています。

このページでは、当院の現状について、そして私が考えていることを、ありのままに書かせていただきました。

一度 お目通しいただき、当診療所にご興味をお持ちいただきましたら、募集要項等をご確認いただき、一度見学に起こしいただけると嬉しいです。

ではまず、 「 私 (院長) の歯科衛生士観 」 からです。 よろしくお願いします。

 

この数年、歯科衛生士は、職業としての認知度も上がり人気も急上昇しています。

その理由として

① 専門性が高く 国家資格を必要とする仕事である。
② 夜勤や休日出勤がなく、仕事の時間が安定している。
③ 専門職であるため、結婚、出産後も復帰し活躍する機会がある。

などが考えられます。

 

しかし、数年前までは、歯科衛生士は冬の時代でした。

専門職であるにもかかわらず、それを十分活かす場を与えられなかったり
有給があっても、実際には休みを取りにくい雰囲気の職場であったり、
スキルアップしたいと思っても、その方法がわからなかったり、
機会に恵まれなかったり・・・・

その結果として、歯科衛生士の仕事への誇りや、将来への希望が持てず、仕事を辞めてしまうという残念なケースも見られました。
そして、一度離職してしまうと、再就職も困難になり、衛生士の実際の就労者数が減少し

  歯科衛生士の半数以上が非就業

歯科衛生士が、何となく魅力のない職種であるというイメージすら持たれかねない状況になってしまったのです。そしてこれは、衛生士の入学希望者の減少につながり、歯科衛生士の就労環境は負のスパイラルに陥っていました。

しかし、一流の先進国であり、また世界中で最も清潔な民族であるといわれている日本には、歯科衛生士に対する非常に大きな社会的ニーズがあります。

 

日本では、歯科衛生士の絶対数がもともと少ない上に、就業率も低いため

  人口あたりの衛生士比率

多くの優秀な歯科衛生士の持つ潜在力が、十分に発揮されているとは言えない現状があるのです。

長谷川亨歯科クリニックは、歯科衛生士さんにご活躍していただく場を提供できるクリニックであると自負しています。

当歯科医院は、開業して25年になりますが、今まで勤務された衛生士さんは18名(内6名は在職中)。そして
平均勤続年数は4,5年です。

現在当院の女性スタッフは13人、その中で歯科衛生士は6人(常勤4人、非常勤2人)です。(平成26年5/4日現在)

そこで実際の当院の歯科衛生士業務についてお話させてください。

      サーティフィケート(賞状)は専門職の証です

 

 

 当院の歯科衛生士業務について

 

 

当院の歯科衛生業務の特徴は

1 豊富な症例 

月100人以上の予防メインテナンスと、それと同数の歯周病治療のためのスケーリングとルートプレーニングを行っています。また、Webクリーニングなど、口腔衛生のための新しい取り組みにも挑戦しています。

2 60分の メインテンス&スケーリング専用予約枠

ちょっと見にくいですが、これは当院の実際のアポイントノートの一部です。

歯科衛生士求人 名古屋  


上部の 3F 1F と赤い枠で囲まれている列は、3階と1階にある歯科衛生士のメインテンス専用のチェアーを表しています。
この写真では、それぞれのチェアーに60分の予約 (黒い矢印) が3名ずつ入っているのがご確認できると思います。

この60分は 歯科衛生士が担当する患者さんのお口の中を守るための予防の時間で、主にスケーリングや口腔清掃指導が行われます。
歯科衛生士は、患者さんとの個々のコミュニケーションを通して、予防の専門家として、生涯にわたる患者さんの歯と口の健康を守っています。  

3 歯科衛生士専用の予防ルーム

前述の、1階と3階の予防ルームです。 予防ルームは、完全な個室で、歯科衛生士がご自身の裁量で、技術を発揮する場です。
1階予防ルームでは
スケーリングから、次回の予約取り、そして会計まで、すべて一人の衛生士が行います。


 1階

 3階

4 歯周病の研鑽

歯科衛生士の主たる業務であるスケーリング(特にハンドスケーリング)は、学校で習得した基礎知識に加え、さらに深い技能と経験が求められます。当院では、個々の経験に合わせセミナーを受講していただくと共に、先輩歯科衛生士からご指導させていただきます。

また、当院では、歯周病専門医はじめ、多数の歯周病を専門とする勤務医の先生にご勤務いただいています。日々の歯周病治療との関わりを通して歯周病に対する見識を深め、経験を積んでいく理想的な環境であると考えています。

さらに、希望される方には、日本臨床歯周病学会の会員登録をさせていただきます。会員は、豊富な学会の研修プログラムにご参加いただけます。また、認定歯科衛生士を目指される方は、そのお手伝いをさせていただきます。

5 ホワイトニング

ホワイトニングは、歯科審美領域のサービスであり、いわゆる一般的な歯科治療ではありませんが、患者さんからの需要が高い臨床プログラムです。当院ではホワイトニングは主に歯科衛生士が担当し、計画の段階から、マウスピースの作製、実際の施術と術後評価に至るまで、歯科医師のアドバイスのもと、衛生士主導で進めていきます。また、ご希望の方には、ホワイトニングコーディネーターの資格取得のお手伝いをさせていただいています。

 
当院が、他の診療所と比べ、競争力があるとするならば、それは手厚い新人教育によるものでしょう。卒後初めての勤務の方も、また他院から移られた方も、当院の先輩達が、優しく、懇切丁寧に、皆様が少しずつスキルアップしていただくお手伝いをさせていただきます。

 

 
 福利厚生について




 

安定して長く勤務するために必要なことがあります。それが福利厚生です。
「福利厚生」とは一言で言えば 「職場の働きやすさ」の事です。

就職を決めるのに、給与(賞与・昇給)や 通いやすさ は大きな決め手となりますが、
働き始めてから、楽しく、ストレス無く、そして長期にわたって勤務し続けていくためには福利厚生が整っていることは第1条件です。

「福利厚生?なんだか難しくて面倒くさいなあ」と思うかもしれませんが、大切なことですので、お気にとどめていただくと良いと思います。

以下は、長谷川亨歯科クリニックの実際の福利厚生の内容です。

・ 交通費支給 (上限 月額 15,000円)
・ 歯科医師国保
・ 厚生年金
・ 雇用・労災保険
・ 制服貸与
・ スタッフルーム
・ 個人用セーフティーボックス
・ 有給 1年目13日 2年目18日( 勤務年数+16日)
     年末年始休暇、 お盆休暇、  夏期休暇 を含みます
     ※ 診療所から派遣されるセミナーは勤務扱いです 

・ 有給は1ヶ月前に申請いただければご自由にお取りいただけます
     (同一日に希望者が多数重複した場合は当事者同士で調整いただくことがあります)

・  短い勤務時間 ( 週36~38,3時間 勤務 注:名古屋市内平均41.0時間)
・ 長時間連続勤務についての有償休憩  * 8時までの診療日に適用されます
・ 時間外勤務手当 1,200円 / 時間  ( お昼休みの超過勤務も加算いたします )

・ 日本臨床歯周病学会 会費全額補助 
・ 当院からの派遣の学会費・セミナー費、交通費は全額支給

当院ではこれらのことに便宜をはかり、社員の皆様が働きやすいよう労働環境を整えています。

 

 
歯科衛生士さんのプロフィール紹介 

 


ここで、私 (院長) から、当院の歯科衛生士さんについて、ご紹介させていただきます


歯科衛生士 C.I さん
(愛知学院大学歯科衛生専門学校卒 勤務歴 9年 (平成26年 退職)

卒業後、別の歯科医院での勤務を経て、当院にご就職いただきました。
セミナーや学会に積極的に参加され、着実に歯科衛生士としての知識や技術を蓄積され、最後の数年間は、当院のチーフ歯科衛生士としてご活躍いただきました。

ご勤務の間に、愛知学院大学の指導教官の先生と共著で、「The Journal of Dental Hygiene」誌に論文発表されました。これも、日々の臨床に真摯に取り組んできた証だと思います。

 The Journal of Dental Hygiene 2011

プライベートでは、ご結婚を経て第1子のご出産の為、後輩スタッフから惜しまれながらも、あえなく退職することとなりましたが、「子育てが一段落したら、診療業務に復帰されたい」とのご希望もいただき、歯科医院としてはありがたい限りです。


歯科衛生士 M.A さん  (愛知学院大学短期大学部歯科衛生学科卒) 
勤務歴3年現 現在在職中

卒業後 別の歯科医院に1年間勤務後、当院へご就職されました。
前の歯科医院は大型の診療所であるのが魅力だったのですが、1日の連続勤務時間が長いことと、休みが不定期であることが 勤務診療所を変えるきっかけとなったとの事でした。

スケーリングや清掃指導等、どの業務も過不足無く行う技能をお持ちでしたが、当院に就職後は、一人の患者さんに60分時間をかけて衛生業務を行う為のトレーニングを受けていただきました。

今や、ホワイトニングコーディネーターの資格を取得するなど、当院で最も多くの患者さんを担当し、とても頼りになる存在です。

プライベートでは、結婚を間近に控え、今最も充実した毎日を送られています。


 ホワイトニンングコーディネーター

 
あなたのお力を,貸して下さい

 




医療は、病気の方をお世話する仕事ですので、職員一人一人が健康で、心に余裕がなければ、十分な仕事ができるはずがありません。

長谷川亨歯科クリニックは、勤務いただく歯科衛生士さんに 勤務時間中、存分に力を発揮し、やりがいのある時間を過ごしていただく 事はもちろんですが、

仕事以外でも、お一人お一人がそれぞれの生活や人生で、大きな幸せをつかんでいただきたい と願っています。


 

 

見学大歓迎です

一度、当歯科医院を見に来ませんか?

見学というかたちではなく、当院の歯科衛生士と仕事内容についての相談
 ( 電話相談もOK ) だけでもOKです。

当院が 理想とする予防歯科治療の実践のために、
そしてあなたの夢の実現のために、是非力をお貸し下さい。

お電話 tel (052)262-8148 か、メールでご連絡ください

 

パートタイムご希望の方
 


現在、ご勤務されていない方で、パートタイムでお手伝いいただける方 いっらしゃいませんか?

週1回から 御勤務可能です。


    ◆ 歯科衛生士 求人ページ パートタイム欄をご覧ください

 

 

 

歯科衛生士 応募要項
 
 

ページトップへもどる