愛知県 > 名古屋市 > 歯科|歯医者

受診予約・お問い合わせ

  • (052)262-8148

マウスガードの目的

1 歯を守る
2 歯による粘膜の損傷を防ぐ
3 あごの関節を守る
4 強い衝撃から脳を守る(脳しんとうを防ぐ)

マウスガードが義務付けられている、アメリカンフットボールでは口腔外傷が起こる確率は0.07%(バスケットボールでは34%)にすぎないとの報告もあります。
(Dr. Ray MondFlauders)

愛知県内の小学校、中学校、高等学校で、一年間に500件以上の口腔外傷が報告されています。

ウスガードを使用している人のなかで、専門家によって作成されたマウスガードを使っているのはわずかに5%でした。

アメリカンフットボールでは公式規則
「口の内部に入れ、すべての上顎歯を覆うマウスピース。色は白以外の見た目にわかりやすいものでなくてはならない。装具を付けていないプレーヤーに対しては、その所属チームにチームタイムアウトが課せられる。」 と規定されています。

1本の歯牙を喪失した場合の総リハビリ費用は、予防目的で作るオーダーメイドスポーツマウスガードの製作費の20倍にも及ぶとの事です。
(Dr. Ray Padilla)

マウスガードが義務づけられているスポーツ

アメリカンフットボール、ボクシング、キックボクシング、K-1、空手、ラクロス(女子のみ)、インラインホッケー(20歳未満のみ

マウスガードが効果的と考えられるスポーツ

バスケットボール、水球、ラグビー、アイスホッケー、サッカー、柔道、相撲、スキー、モトクロス

・ マウスガードご希望の方はお気軽にご相談ください。

・ はずれにくく、しゃべりやすく、異物感が少なく、
呼吸しやすい
 
マウスガードをお作りします

・ 競技により、2㎜から4㎜まで、ご希望のタイプをお選びできます。

            作成費用: 9,450円(総額)

・ 歯のくいしばり癖咬耗(すり減り)のある方は、健康保険
お使いになれます。健康保険証をお持ちください。
(保険でお作りになる場合は約7,000円必要です)

ページトップへもどる