インプラント:新しい治療法~より優しく安全な治療を目指して

当医院では、インプラントの新しい治療法を導入しております。

その一例をご紹介いたします

歯肉切開をしない手術法 (CTによるサージカルガイド法)

S2G (IGS社)によるサージカルガイドを使用します
 
CT画像から得たデータで、インプラントの埋め込む位置を正確に測定することにより、粘膜を切開することなしに、インプラント手術を行うことができます。

 

 注) CT撮影は必ず必要です
      (関連医療機関へ撮影依頼いたします 
      費用 : 実費 約8,000円程度 )

切開や手術後の縫合が不要となり、手術時間が約半分にできるだけでなく手術中の不快感や手術後の痛みの発現も少なくすることができます

費用についてはコチラをご覧下さい
より安全で正確に、手術を行うことができる、インプラント手術の未来形です。
* 骨や粘膜の形態により、治療適応されない場合もあります。

骨を削らないインプラント手術( O,A,Mシステム )

オーギュメーターという手用器具で、インプラントの穴を広げていく手法です。インプラント手術で患者さんが最も不安に感じる、ドリルによる穴あけ(機械エンジンによる穴あけ)を最小限にとどめ、画期的な治療法です。
(株)メディカルエイペック社  OAMインプラントシステムカタログより転載
骨を削り取らないため、痛みが少ない、治癒期間が短い、手術中のストレスが少ない、骨を削る際のトラブルを回避できる等の長所があります。また、骨の幅の少ない場所や、上あごで通常インプラントの困難な場所にも応用できます。
長谷川亨歯科クリニックでは、必要に応じてこのシステムを応用しインプラント治療を行います。(追加費用等は必要ありません。)

まとめ

  従来法 サージカルガイド法 O.A.M インプラントシステム
歯肉切開 行う 行わない 行う
ドリリング
機械エンジンによる穴開け
行う 行う 最小限
治療時間 (3本の場合) 約40分 約15分 約40分
費用 基本費用 追加費用あり 基本費用(追加費用なし)
CT撮影
関連医療機関に依頼します
実費負担が必要です
場合により必要 必要 必要
制限 従来通り 骨のコンディションがよいこと 条件の悪い例にも応用できます
 
注意)  従来の方法が良くないわけでは決してありません(従来法でも満足な結果は出ます)
 当院では、患者さんとのお話し合いの上、最も安全で、患者さんの負担が少ない方法でインプラント治療を行います。
治療費についてお知りになりたい方はこちら

長谷川亨歯科クリニックのインプラントについてさらにお知りになりたい方は
以下のページをご覧ください

・ 当院のポリシー(考え方)、インプラントの進め方、インプラントの利点と欠点など
       → 長谷川亨歯科クリニックのインプラント治療について

・ インプラント治療の実例
case1, 
case2、 
case3
・ インプラント質問集  →インプラントについてのQ&A
・ 新しい治療法~より優しく安全な治療を目指して 

 

ページトップへもどる