セラミックスの種類と費用 について

近年 セラミックスの進歩はすざましく、われわれ歯科医でも少し油断していると、ついて行けなくなるほどです セラミックス冠の違いは、とてもわかりづらいので、順に解説させていただきます 

セラミックスの種類

簡単な分類
         ┌─→ メタルボンド ( フレームにメタルを使用 )
セラミックス冠 ─┤ 
         └─→ オールセラミックス冠 ( メタルは使用しない )

               プロセラ、 ジルコニア、 e.max

1 メタルボンド

10年前まではセラミックス冠といえば 90%以上が メタルボンド でした
メタルボンド  メタルボンド

メタルボンド  正面から2本目(両側)がメタルボンドです

   メタルボンド  
メタルボンドは、フレームに金属を使い、その表面にセラミックスを覆った(焼き付けた)ものです

メタルボンドの時代は30年以上続いたので、今、世の中に出回っているセラミックス冠はほとんどがメタルボンドだと思います

そのころにも,オールセラミックス冠はありましたが、とても割れやすく、実用的ではありませんでした

2 プロセラ

しかし、約10年前から プロセラ(オールセラミックス冠) が開発され、状況が一変しました
プロセラ 向かって左側がプロセラです

プロセラ  プロセラ

プロセラ

プロセラは アルミナ(白色)のフレームにセラミックスを焼き付けたもの で 耐久性があります

 

3 ジルコニア 

ジルコニア・セラミックス冠
その後、さまざまなセラミックス冠が世に出回りはじめました  
そのひとつに ジルコニア があります 
ジルコニアクラウン      ジルコニアクラウン
歯の土台                   ジルコニアのベース部分

ジルコニアクラウン  
セラミックスを盛り足して完成した ジルコニア・セラミックス冠      

   
ジルコニア・セラミックス冠
 はジルコニアのフレームにセラミックスを盛り足したものです


オールジルコニアクラウン  (※ 現在当院では取り扱いがありません)
ジルコニアだけでも 冠を作ることも出来ますが (オールジルコニアクラウン) 
少し硬すぎる点と、色や形を精密に作ることが困難です

ジルコニアクラウン      
                               
ジルコニアは,抜群の硬さと強度を持つため、破折の心配はないのですが、あまりの硬いので、治療のしやすさや、噛みごこちに問題があります

4 e-max (イーマックス 正式名称 IPS e.max Press ) 

最近注目を集める e-max (イーマックス 正式名称 IPS e.max Press) は、
使いやすく、人気のある セラミックスです

e.max       e.max

加工が容易な二ケイ酸リチウムガラスセラミックスを溶かしたあと、強圧でプレスして作成します
従来のセラミックスとは、全く異なった作成方法で作られます

セラミックスの選択基準

それでは、どのセラミックス冠を選択すればよいのでしょうか

ポイントは 耐久性(強さ)  と 審美性(美しさ と 費用 です

  審美性 を最優先したい方は    プロセラ  か  ジルコニア・セラミックス冠
  耐久性 を最優先されたい方は   e.max   か  ジルコニア・セラミックス冠 
  費用   を最優先されたい方は   e.max      
   

それぞれの特徴をまとめたのが、以下の表です

  メタル
ボンド
プロセラ ジルコニア e.max 参考)
ゴールド冠
ジルコニア・セラミッス オールジルコニア
フレーム材質 メタル アルミナ ジルコニア ジルコニア 二ケイ酸リチウムガラス メタル
表面材質 セラミックス セラミックス セラミックス
硬さ ★★ ★★ ★★ ★★★★ ★★★ ★★★
耐久性 ★★ ★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
審美性 ★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★ ★★★
審美性の特徴 メタル使用で、歯肉の変色あり 最も美しく仕上がります 最も美しく仕上がります 選択は3色のみ 透明感や深みのある色は苦手 ゴールド色です
適応場所 前歯
奥歯
前歯
奥歯
前歯
奥歯

奥歯
前歯
奥歯

奥歯
ブリッジ 一部可 一部可 3本まで
費用※ 80,000 100,000 100,000 現在扱って
おりません
75,000

65,000

利点 実績のある、優秀な治療法です 今あるセラミックスの中では、最もキレイです 審美性ではプロセラとほぼ同程度で、ブリッジも可能です 経済性 柔軟性のある材質で、噛み合わせも良好です 噛み合わせ、加工性、耐久性 共に優秀な材質です
欠点 メタルを素養しているのが唯一の欠点です 強い力が加わると、セラミックス部分が割れることがあります ベースのジルコニアは硬すぎて、時として治療が困難です 硬すぎるため、噛み合わせの調整が困難
色や形はあまり良くありません
微妙な形や色調を再現しにくい場合があります メタル色は最近は好まれません

※ 費用は 税別です

      

セラミックスの耐久性について


メタルボンドは、メタルをフレームとしてセラミックスを盛って作りますが、

プロセラはそのフレームがアルミナに ジルコニア・セラミックス冠はジルコニアに、なったものです 

図1はジルコニアの図ですので、フレームは ジルコニアですが、メタルボンドやプロセラについても、

フレームをそれぞれの材質に置き換えてお考え下さい

いずれにしても、フレームは変わりますが、表面はセラミックスです。

      
    図1                          図2

一方、図2では、冠全体が二ケイ酸リチウムガラスセラミックスで出来ていることがおわかりになると思います。ゴールド冠では、これがゴールドになったとお考え下さい

さて、ジルコニアは1000MPa(メガパスカル 応力、圧力 の単位)という、強い力に耐えられるという事が示されていますが、その表面に盛られているセラミックスは80~120MPaの力にしか耐えることが出来ません(コレでもかなり強い 耐久性ですが)一方 図2のe.maxに使用されている二ケイ酸リチウムガラスセラミックスは,400MPaの力に耐えることが出来ます

従って、e.maxの方が、、メタルボンド、プロセラやジルコニアより、耐久性が強いと考えられています。

さて,オールジルコニアはどうでしょうか。
オールジルコニアは全体がジルコニアでできているため、1000MPaの力に耐えられると考えられるので、大変耐久性に優れた材質ではありますが、あまりにも硬すぎて、加工や治療がしにくい事と、コレが大切なのですが、硬すぎて、噛み合わせになじみにくい点が不安視されています。
実際には、あまり強い力が加わらないように,慎重な噛み合わせの調整が必要です。

ページトップへもどる