愛知県 > 名古屋市 > 歯科|歯医者

受診予約・お問い合わせ

  • (052)262-8148

歯周病治療について

 長谷川亨歯科クリニックで行っている、歯周病治療についてご紹介します

1.ファーストステップ(初期治療)  

1 検査

一般的な検査を行います。
特に注意が必要な方には、位相差顕微鏡を用いて、歯周病菌の検査を行います。

ペリオマイクロ(位相差顕微鏡)

歯周病原因菌の 性状、量などの検査に利用します。

2 ブラッシング

(ご家でのクリーニング)
 

ご家庭で、歯周病菌の温床である、プラーク(歯垢)を徹底的に取り去っていただきます。

通常のブラッシングをキチンと行うと同時に、状況に応じて

 ・ うがい薬
 ・ 超音波歯ブラシ
 ・ 歯間ブラシ
 ・ 舌ブラシ        なども併用します。

このステップは、とても大切です。口腔清掃が十分でないと、せっかく治療してもすぐに元に戻ってしまいます

3 診療所でのクリーニング

あらゆる手段を用いて、とにかくプラーク(歯垢)や歯石を取りのぞきます。

手用器具(ハンドスケーラー)や専用のクリーニング器具を使用します。

4 再評価
(治療方針の決定)

お口の中がキレイになった状態で、再度検査を行います。

この時点でその後の治療方針(セカンドステップ)が決定されます。

2.セカンドステップ  

初期治療の結果により 以下のような治療方針をたてます。

おおむね良好な場合

メインテナンス

歯肉の状況が健康な状態に近づいている場合は、そのまま経過観察をします。
毎日のお手入れがキチンとされることがもっとも大切です。
定期検診で、チェックします。
(状況により 1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月の期間を定めます)

 

さらなる治療が必要な場合

歯周外科手術

クリーニングだけでは、十分に歯周病が治らない箇所について行います。

薬物療法 1

再度の位相差顕微鏡による細菌観察で、歯周病菌が減少していない場合に、歯周病菌や真菌をターゲットとした抗菌剤や、抗菌剤入りハミガキ剤を使用し、細菌を減少させます。

薬物療法 2

なかなか治らない歯周病に対して行う新しい治療法です。
特殊な細菌検査(リアルタイムPCR法)により、歯周病の原因菌の種類と数を特定し、その細菌に効力のある抗菌剤を集中的に投与します。(保険外治療です 51,500円 税込み)

抜歯

歯を残すことが不可能な場合や歯を残すことが次の治療(冠を作ったり、義歯を作ったりする治療)の妨げとなる場合は、お話し合いの上、歯を抜きます。

注) 虫歯治療は、状況に応じて、歯周病治療と並行もしくは歯周病治療後に進めていきます。

歯肉の状態が気になる方は、是非専門家によるチェックをお受け下さい。
検査のみの受診も受け付けています、お気軽にご相談下さい)

ページトップへもどる