愛知県 > 名古屋市 > 歯科|歯医者

受診予約・お問い合わせ

  • (052)262-8148

新しい虫歯の治療法 (歯髄保存療法:3Mix&ドックスベストセメント)

注)3Mix-MP法と3Mix法について
当院では学術文献等に提示されているオリジナルの3Mix-MP法に一切のアレンジを加えず忠実に行っておりますが、いわゆる3Mix-MP法の商標権登録を受けてはおりません。(3Mix-MP法の商標権は有限会社3Mix-MP法普及会による使用許可が必要です)よって当サイト内ではこの治療法を3Mix法と統一し表記しています。
虫歯治療の大原則
虫歯治療の大原則はムシバ菌をきちんと全部取りのぞくことです。
ムシバ菌が虫歯の原因だからです。

小さな虫歯は治療もカンタン
早期に発見された、ごく小さな虫歯は、ムシバ菌を簡単に取りのぞくことができ、術後の経過も良好です。

虫歯が大きくなると、少しずつ痛みが出てきます。そのような場合も、ムシバ菌を取りのぞき、人工の材料でふさいで治療は完了します。

ムシバ菌を取りのぞく際、痛みが出るようなら麻酔を使って痛くなく治療します。
神経近くまで虫歯が進んでいると・・・

しかし、やっかいなのはムシバ菌が神経近くもしくは神経の中にまで入り込んでしまっている場合です。
ムシバ菌を取りきろうとすると、神経を傷つけてしまうし、ムシバ菌を残すと治療後も虫歯が進行してしまいます。

神経を傷つけないように、少しづつ歯を削ってムシバ菌を取りのぞくのですが、歯の神経はとてもデリケートなので 結果として、後々痛みが出たり、神経を取ることになる場合も多いのです。

このような時に歯髄保存療法が有効です。

薬の力で、ムシバ菌を無菌化 ・・・歯髄保存療法
歯髄保存療法は、ムシバ菌を削る量を最小限にとどめ、残ったムシバ菌を薬の力で無菌化するという、新しい治療法です。

神経近くまで進行している虫歯も、神経から離れた所は削り、神経近くに残ったムシバ菌に抗菌剤を塗る(貼薬する)のです。

歯髄保存療法の長所
歯髄保存療法により

① 歯を削る量が少なくてすむ
② 神経を残せる可能性が増大する
③ 治療が短時間に終えることができる
 
   などの利点があります。 
痛みのある虫歯も歯髄保存療法で治せるの?
歯髄保存療法の薬効と特性から考えれば、痛みだした虫歯の治療も可能です。
当院では、痛みの程度や虫歯の状態、それぞれの患者様の個人差や感受性などから総合的に判断し歯髄保存療法を行うかどうかを判断します。

歯髄保存療法の治療は、どこの歯科医院でも受診することはできるの?
歯髄保存療法を取り入れている歯科医院はたくさんあります。ただし、
特殊な治療法であるため、歯髄保存療法本来の効果を出すために、薬剤の正しい取り扱いや用法を習得するためのトレーニングや経験が必要な事などにより、すべての歯科医院で歯髄保存療法をお受けになれるようになるまでには、まだしばらく時間が必要でしょう。

治療をご希望の方は、かかりつけの歯科医院やお近くの歯科クリニックにご相談されることをおすすめいたします

歯髄保存療法により、歯を削ったり、神経を取る機会は減りましたが、どんな治療法にも適応と限界があります
大切なことは、歯髄保存療法を使用する必要のない段階(初期)に虫歯の治療をすませることです
 
解説 1 使用薬剤について

3Mix
とは3種類の薬剤を混ぜ合わせるという意味ですが、その3種の抗菌剤、抗生物質とは
・Metronidazol(MN :メトロニダゾール,市販薬剤名:フラジール内服薬),
・Minocycline (ミノサイクリン,市販薬剤名:ミノマイシン),
・Cyprofloxacin(CPFX:シプロフロキサシン,市販薬剤名:シプロキサン錠)です。Metoronidazoleは深部う蝕象牙質中に多く存在する偏性嫌気性菌に、MinocyclineとCiprofloxacinは通性嫌気性菌や好気性菌に対して有効であるといわれています。またMPは、粉末である上記の薬剤を、患部に効率よく行き届かせるための基剤で、マクロゴールとプロピレングリコールを表します。3Mix-MP法により、いわゆる軟化象牙質(虫歯で柔らかくなった象牙質)のかなりの部分,感染歯髄も保存できるとされています。3Mix-MP法の使用に当たって: 通例では、術者自身が3種の抗菌剤薬剤を粉末化し,所定の割り合いで混合して使用します。それぞれの薬の安全性は確認されており、副作用がおこった例はいまだに報告されていませんのでご安心ください。
解説 2  歯髄(神経)について

一般に歯髄のことを「神経」とよびますが、歯髄には神経の他に血管やリンパ管も含まれていて、1本1本の歯に栄養を運ぶ役割を果たしています。神経を取ることにより、歯は次のような大きなダメージを受けます。
・ 神経を取る際、かなりたくさんの健康な歯を削る必要が出てくる。
・ 神経のない歯は栄養が供給されないので、歯質が弱くなる。(破折、変色をおこす)
・ 通常、冠をかぶせる等の処置が必要になる。神経(歯髄)を保存できるかどうかは、その歯の将来にとってとても重要なポイントなのです。
長谷川亨歯科クリニックでは1本1本の歯を少しでも長く保存できるよう、虫歯治療に取り組んでいます

ページトップへもどる