治療法の選択 ~ ブリッジ vs 義歯 vs インプラント

歯を失うと、歯を作る治療が必要になります。1本の歯を作るのにも、さまざまな選択肢があります。

歯の治療はいったん治療を行うと、後戻りができない性質があるため (不可逆性) 、それぞれの場合で、どんな治療法を選択するかはとても大切な問題です。

このページでは、長谷川亨歯科クリニックの実例をごらんいただきながら、さまざまな治療法についての説明を加えました。

インプラントの実例1 奥歯2本のインプラント  

虫歯や歯周病で歯を抜いた後は、1本の歯でもすぐに歯を作る必要があります
周りの歯が移動したりして、かみ合わせに不具合が生じるからです。

ブリッジによる治療

もっとも標準的な治療法です。
義歯のように取り外しをする必要はなく、お手入れもご自身の歯と同じように、歯ブラシや歯間ブラシでお手入れできます。
失った歯の両どなりの歯を、削らなくてはならないのが短所です。

歯が一本なくなった状態です
放置すると隣の歯が移動してきます

セラミックスを使用したブリッジです
見た感じが自然です
保険外治療です(費用はこちら

健康保険治療のブリッジです
パラジウムの合金を使用しています。

インプラントによる治療

ブリッジのように、両どなりの歯を削る必要がありません。治療に時間と費用がかかるのが欠点です。

 

インプラント埋入後

治療後

2本分の人工歯根(インプラント)を埋入。セラミックス冠をかぶせて完成です。
ご自身の歯のようにお使いになれます。  保険外治療です(費用はこちら

上記はすべて長谷川亨歯科クリニックで行った症例です

3本の歯を失った場合  義歯 vs インプラント

奥歯まで歯がないと、ブリッジの治療をすることができず、治療が難しくなります。
通常、義歯を使って治療されていますが、装着感の不快感によってせっかく作った義歯を使用されないことも多く、その結果として左右のかみ合わせのバランスが崩れるなど、さらに全体的に歯が痛んでくる場合もみられます。

義歯(入れ歯)による治療  ※ 保険治療です

治療前

治療後

写真上(治療前)  片側奥の歯がありません。

写真右上(治療後) 義歯を作製し装着したところ

写真右 はずした義歯です 
はずれにくくするため反対側までのばして、金属のバネを作ります。

義歯は
・ 食後の掃除が必要
・バネのかかった歯が痛みやすい
・はずれやすい
・粘膜で噛むため、硬いモノは噛みにくい
などの欠点があります

長谷川亨歯科クリニックの症例です

 

取り外した義歯

インプラントによる治療 

治療前

治療後

写真上  片側奥の歯がありません。

写真右上 
歯のないところにインプラント(人工歯根)を埋め込みました

写真右 
上記のインプラントにセラミックスの歯を固定したところ。取り外しは必要ありません。ご自身の歯のようにお使いになれます。

長谷川亨歯科クリニックの症例です

 

まとめ  

 

取りはずし

噛みぐあい

清掃性

見た感じ

隣の歯への影響

健康保険

ブリッジ
(セラミック)

しない

強く噛める

歯間ブラシで

白い色

削って土台に

適応外

ブリッジ
(保険)

銀色

適応

義歯

する

やや強く噛める

はずして清掃

目立つ

バネをかける

適応

インプラント

しない

強く噛める

歯間ブラシで

白い色

影響なし

適応外

 
 

 

ページトップへもどる